sandrutanの日記

本で気になったことのメモです。気取ってます。主観がバリバリ介入します。

GRIT やりきる力

しかし、今回の調査で分かった最も重要なことは、時間の長さよりも『どんな連鎖をしているか』が決め手になるということだった。

 

ほかのどんな練習よりも『意図的な練習』が、大会を勝ち進むための要因になっていることがわかったのだ、

 

普段、バスケの練習をしている時でも、

 

意図的な練習をできているかを常にこだわり続けるのはなかなかすごいです。

 

パス練習ひとつとっても、

『それは試合を想定できているか?』

『試合のどんな場面で役に立つのか?』ということを意識できてきる人と、

 

『この練習では、こんな風にしたらパスが通るんだよなあ後略しちゃったあ』という

その練習でしか通用しない意識で練習しているかで大きく変わるのは、

 

言わずもがなです。

 

日々問いかけましょう。

・この練習の意図は何か。

 

・試合のイメージを持ちながら練習できているか?

 

・試合を想定できているか?

 

これらを意識せずに練習をしているのであれば、

どんなに長い時間練習をしたところで無意味と化します。

 

さぁ、本気で一回一回の練習を大事にしていきましょう。