sandrutanの日記

本で気になったことのメモです。気取ってます。主観がバリバリ介入します。

男の作法

だから、男の持ちものについては、そういことでもって選んでいけばいい。その時の自分に合わせて、そもそも何のためにその道具を持つのかということを基準にして。

 

 

自分の体型にあって服と世の中でブームの服は違う。

 

世の中でブームの服が似合う人間もいれば、似合わない人間もいる。

 

ありのままに、自分の思うがままに、

 

合う服を着ようじゃありませんか。

 

 そう、サングラスだって時計だって車だって家だって、

 

そもそもの存在する目的に立ち返ることは非常に大切であります。

 

さて、枕は?

→安眠のため→疲れを取るため→

 

さて、靴は?

→歩くため

 

さて、あなたは?

 

 

観光シーズンにはまず旅へ出ないね。旅に出て心身を休めるんだったら、観光シーズンに行ったら何にもならないわけだ。絶対休まらないからね。

 

 

 観光シーズンは混んでいます。

 

はて、これもまた人それぞれで

その人の休む目的が何かということにあります。

 

休む目的が、

楽しむということであば観光シーズンの真っ只中に行けばいいわけです。

 

私自身も、普段は激混みだけどガラガラの時を狙って行きたいわけです。

 

まあ、場所によっては人混みも含めて観光スポットということもあるのでしょうが。

 

ガラガラだとプレミア感があるわけです。

 

志摩なんていいでしょうね。

 

だけど、なんども言うよに、「人間は自分ことはわからない。。。。」ものなんだ、だから、他人が言ってくれたようなことはやっぱり素直に聞かないとね

 

自分のことを知ることは、本質的には不可能なのではないかと思うのです。

 

他人から言ってくれるのはあなた自身のことではなく、根本的にはその日というバイアスを通して見えるアナタであって、アナタ本心ではないという解釈があります。

 

しかし、ここで問題なのはこの世の中は人と人との関わり合いであるということです。

 

よって、自分が知る自分というのが世の中での自分ではないという考え方ができます。

 

アナタの中にいて、アナタのバイアスを通して感じるアナタと、

 

他人のバイアスを通して見えるアナタは似ているようで違う場合がほとんどです。

 

しかし、この世の中に生きている以上、

 

後者がアナタであるということは否めないはず。

 

よって、他人から指摘されることは素直に、

「ああ、自分はこう見られているんだな」と思って飲み込むのが吉ですね。

 

ただ、あまりにも見当違いな場合は指摘をすべきです。

 

その指摘を根拠をもったものにするために、

「自分という人間」を日々積み上げて言語化することは大切です。

 

 

前もって前もって事を運ぶのはせっかちだとか気が早いとかいうけども、せっかちじゃないようにしたいからこそ、そういうようにしているわけだ。

 

いや、本当に全くその通りなんですね。

 

せっかちになって急ぐと人間はいいことがない。本当に。

 

だから、余裕が欲しいからこそ、

 

前もって前もって準備をしておく。

 

映画を見終わってバタバタポップコーンを片付けたりしなくていいように、すっと立ち上がって余裕をもって帰るために

 

準備をしておくわけです。

 

年賀状だってそうです。

 

5月くらいから書き始めるものです。

 

余裕が欲しいですからね。

 

 

前もって、前もって。

 

 

入社一年目の教科書

究極の目標は、自分にしかできない仕事をやること。皆さんも「自分がやらなかったら、こういう形の成果は現れなかった」と言えるように、仕事にスパイスを入れるべきでしょう。

 

 究極の目標。

 

自分にしかできない仕事。

 

これにたどり着くのに、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。

 

自分だけがやっていて、他の人がやろうともしないことをしていても、自分にしかできないと言えますか。

 

難しい。

 

自分にしかできない、かつ、正義性があることが重要ですね。

 

まとまらない、、、

 

 

僕は「人に影響を与える仕事をしたい」という答えに行きつきました。自分がこの世に生きた証を残したい、社会に自分の足跡を残したいと考えたのです。

 

証といっても、何も後世に語り継がれる偉業でなければならないわけではありません。死ぬ前に「一生懸命生きた」「懸命に生きた」「力を出しきった」「いい人生だった」と思えることが大事なのだと思います。

 

子どもや孫に「こんな仕事をしたんだよ」と胸を張って言える。もっとあれをやっておけば良かったなどと死ぬ間際に公開しないように生きたいのです。

 

これ、すごく同感なんです。

 

僕も、

自分の納得する人生を生きたい 。

子供に『俺の生き方をしろ』と自信を持って言える生き方をしたい。

孫に『おじいちゃんの本を書きなさい』と自信を持って言える生き方をしたい。

犬に『俺についてこい』と言える生き方をしたい。

 

と、想っているのです。

そして、何かを残したい。とも考えています。

 

でも今まではその、何かが途方も無い偉業でなくてはならないと考えたいました。

 

しかし、上の文を読んだことにより

死ぬ直前に、自分がいい人生だった。と思えることが大切なのだと訂正しました。

 

どんな人生がいい人生かですって?そんなの見えません。

 

でも、日々の選択軸はただ一つ。

 

死ぬ直前に後悔しないか。

 

だけです。

 

 

 

人は、人と比べている限り、残念ながら幸せにはなれません。

 

自分にとって幸せ思えたことも、同期より下だということがわかってしまったら、幸せの感覚は半減するものです。

 

 

 

確かにその通り。

 

でも、人と比べることでどんどんと高みを目指すものではないだろうか。

 

すべて人と比べるのが悪いのではなく、

 

シンプルに

ポジティブな比較なのか、

 

ネガティヴな比較なのかによるのではないか。

 

ネガティヴな比較とは、

それこそ自分にとって幸せだった旅行が、

同期の話を聞く限りではまだまだだとわかったとかですかね。落ち込むだけです。

 

一方ポジティブな比較は、

あの人よりも私は成果を上げられていない。では、あの人はどうやっているんだろう?マネしよう!話を聞こう!

 

 

といった、真に高みを目指せているかどうかではないですかね。

 

ネガティヴな比較は、自分をどんどん小さくする。

 

ポジティブな比較は、自分をどんどん大きくする。

 

上司の仕事というのは、部下の力を引き出してより良い成果を上げることだからです。 

 

上司の仕事は、みずからのチームの成果を、数字を最大化すること。

 

その近道は、チームメンバー一人一人が成果を上げること。

 

そういうことですね。

 

イシューからはじめよ

その分野についてなにもかも知っている人は、新しい知恵を生み出すことが極めて難しくなる。

 

 

また、これはビジネスの世界においてコンサルティング会社が存在している理由のひとつでもある。

 

業界に精通した専門家をたくさん抱えているはずの一流の会社が高いフィーを払ってコンサルタントを雇うのは、

 

自分たちは知りすぎているが故に、その世界のタブーや『べき論』に束縛されてしまい、新しい知識が出にくくなっていることが大きな理由のひとつだ。

 

 

これは理解。

 

新しいことをやるとしたら、そのことについての深すぎる洞察はあまり好ましくないのかもしれない。しかし、知らないといけないこともある。

 

よって、

 

何か新しいことをする。

例えば出会い系サイトを作るとする。

 

まず、三日間は本気で情報を集めまくる。

深すぎて深い洞察をするためだ。

 

そのくらいしてやっと、スタートラインにたてる知識がつく。

 

だから、上の引用をみて

あ、なんだ。知識入れすぎちゃダメだから辛く頭に入れる程度にするか。という心構えではダメだ。

 

ダメなんです。

 

本気で集める心意気でやっと知りすぎない適量になれる気がする。

 

人間は言葉にしない限り概念をまとめることができない。 

 

これに関して、思うことは二つです。

 

①その通りである

 

②言語の限界はあるのか

 

です。

 

 

①その通りである

 

人間は内側に秘めているだけでは人を動かすことができません。

背中で語るということもありますが、それは受け手が勝手な解釈をしていることがあります。

 

そして何より、言語は人間のすべての考えや想いを、口から出た言葉として一言一句相手に伝わります(もちろん、相手のバックグラウンドによって響く言葉は違えど)

 

よって、人間は言語によってでしか概念をまとめることができないというのはとても大切なことです。

 

②言語に限界はあるか

 

ほら、言葉にならない言葉ってあるじゃないですか。

なんていうかな、こう、本当にオノマトペで表現してしまいそうになってしまうあれです。

 

長嶋茂雄さんの、「打つ瞬間はな、シュバ!だ。」という指導方法もあるように、オノマトペでいけるちゃうこともあります。

 

ホモ・サピエンスの開発した言語によって、僕たちは空想を共有できるようになった。いま目の前で起こっていない出来事(夢や未来、過去の話)をホモ・サピエンスは共有できる。

 

ただ、その言語にすべてを閉じ込めることは難しい。

そこで、どうしてもオノマトペが出てきてしまう。

 

ただ、もしかするとオノマトペをすぐ直感的に使ってしまう人というのは、

適した言葉が世の中にあるのにも関わらず、それを探さない人という可能性もある。

 

ただ、本当に言語に閉じ込めるにはもったいない表現もある。

 

だから、僕たちの世界は言語を用いて景色の100%の共有が難しいけれども、95%の空想は言語で共有可能なわけだから、

 

言語化して伝えるという作業はとても大切だと思いました。

不格好経営

 

正しい選択肢を選ぶことが大事だが、同等に選んだ選択肢を正しくするというのも必要


選択に正しいも間違いもない。
選択を正しいものにする行動があるかどうかだ

 

進学、就職、転職、

 

ありとあらゆる場面で訪れる人生の選択。

 

その選択は、実は正解なんてないんです。

 

正解だと思っていることは大体が世間が決めた正解。

 

あ、もちろん様々な人が認めた正解として、世間の正解と言っています。

 

ちなみに大多数にとって、世間の正解というのは往々にして正しいです。たまーに、誰かだけが得するような仕組みになっている不正解があります。

 

 

さて、

あなたにはあなたの正解があって、それを選ぶことが正解です。

 

そしてなにより大事なことは、

 

渇望した選択肢を選ばなかった際に、

テンションガン下げなのではなく、

 

いかにのその選択を正解にできるかという能力は、とんでもないほど大事であります。

 

と、いうことですね。

 

 

不完全な情報に基づく迅速な意思決定が、充実した情報に基づくゆっくりとした意思決定に数段勝る。 

 

なるほど、これが優れている経営者が優れている所以。

 

不完全な情報の中での意思決定ほど、怖いものはありません。

 

だってもしかすると、右に行った方が良いと思っていても正解は左に行く方が正解だったとなることが多い。

 

ただ、その右にいくか左に行くかの読みの部分も含めて迅速に判断したなくてはなりません。

 

スピードと思い切り。

 

人間の意思決定できない三段要員は、

①情報量が足りない。

②考え方のフレームワークができていない。

③びびってる

 

です。

 

この三大要員のうち、情報量が足りないということは結構致命的です。

 

でもそれを補うのが、強烈な考え方のフレームワークと、びびらないことです。

 

得られた情報の中で、如何に決めれるか。

 

 

では、今日もがんばっていきましょう。

 

 

 

世に棲む日々

吉田松陰
少年にすらある処世の知恵とか処世の損得感覚というものを、人間は持つべきでないと考えていた。

 

 

処世をしているだけでは、世の中に流されるだけということでしょうか。

 

これはなんだろう。

 

誰か解説が欲しいところです。

 

ただ、世の中を変えるという処世術もあって然るべきかなと思うわけであります。

 

 

 

やるかね

 

と、言った。人を説得するにしても、晋作という漢は鳥の声ほどの短さでしか言わない。あとは相手の目をじっと、見、その精神から立ちのぼる気の動きを見るだけである。

 

こういう説得、

 

キャラではないですがなんか憧れますね。

 

中二病心がくすぐられてしまいます。

 

いやしかし、これが有効なのは自分の全てを相手にさらけださず、かつ

 

相手が自分に対してある種の恐れや敬意や言葉にならない凄みがある場合といえます。

 

実績、大事です。

 

そしてその実績の見せ方も大事です。

 

 

 

 

 

やるべき仕事の絞り込みかた「多動力+GRITやりきる力」

GRIT やりきる力より

1、仕事の目標を25個、紙に書き出す。

2、自分にとって何が重要かをよく考え、もっとも重要な5つの目標にマルをつける(5個を超えてはならない)

3、マルをつけなかった20個の目標を目に焼き付ける。そしてそれらの目標には、今後は絶対に関わらないようにする。なぜなら気が散るからだ。よけいなことに時間とエネルギーを取られてしまい、もっとも重要な目標に集中できなくなってしまう。

 

多動力より

やってみよう

□ 1日24時間をこと細かに書き出してみよう。

□起床、シャワー、朝ご飯、歯磨き、ゴミ出し、通勤、メールチェック、会議、昼食、電車移動、打ち合わせ............

□その中でワクワクしないことを赤で潰そう

□そこからは「03」と同じことだ

  →「03」

   □あなたが抱えているタスクをすべて書き出そう

   □そのうち、アルバイトや同僚、上司でもできる仕事は赤ペンで潰   していこう。

   □残ったのが「あなたがやるべき仕事」だ。

   □赤ペンで潰したタスクをやらない方法を考えよう(具体的に)

           □万が一、すべての仕事が赤ペンで潰されていたなら、大問題だ。自分にしかできない仕事はないか、落ち着いて考えてみよう。

□1日24時間をワクワクだけで埋め尽くそう。

 

 

この二つの仕事の決め方をどう両立させるか。

 

 

それは、

①5個に絞り込む、やらない仕事を決める

②その上で、ワクワクだけを切り取る

 

ですかね

 

多動力

やってみよう

□ 1日24時間をこと細かに書き出してみよう。

□起床、シャワー、朝ご飯、歯磨き、ゴミ出し、通勤、メールチェック、会議、昼食、電車移動、打ち合わせ............

□その中でワクワクしないことを赤で潰そう

□そこからは「03」と同じことだ

  →「03」

   □あなたが抱えているタスクをすべて書き出そう

   □そのうち、アルバイトや同僚、上司でもできる仕事は赤ペンで潰   していこう。

   □残ったのが「あなたがやるべき仕事」だ。

   □赤ペンで潰したタスクをやらない方法を考えよう(具体的に)

           □万が一、すべての仕事が赤ペンで潰されていたなら、大問題だ。自分にしかできない仕事はないか、落ち着いて考えてみよう。

□1日24時間をワクワクだけで埋め尽くそう。

 

僕もあなたも1日の持ち時間は24時間。にもかかわらず、なぜ僕は好きなことばかりやっていられるのか 。それは、自分がワクワク、ゾクゾクしないことは、すべて他人に任せてしまっているからだ。

 

 

 これは堀江さんの多動力という本の中にありました。

 

 

こういった例を見て、実際に行動に移す人って実際に何人いるんだろう?

 

よくあるハウツーものじゃんっていう人は、そのよくあるを実践してみたのだろうか。成果がでるのだろうか。

 

一回、全部真似してみるというのも良いですね。

 

 

 

『全部自分でやらないきゃいけない症候群』にかかっている人が多すぎる。

 

自分の貴重な時間は、自分の強みが一番発揮できる仕事に集中させるべきだ。

 

 

全部自分でやらなきゃいけない症候群は、

 

かなりの確率で発症します。

 

だって、人に任せるくらいなら自分でやった方が速いし、質だって担保できるし。

 

いや、ただ、

 

最終的な自分の価値をあげるのは、他人を上手く使うことだと思うんですよね。

 

例えばいままで自分が手を動かして人形を作っていたとして、最初は時間がかかるかもしれないけど他人や後輩四人くらいに人形作りを教えることによって、

 

なんと自分一人でやるより四倍とは言わないけども二倍程度にはなる。

 

そしてその後輩はまた違う人に教える。

 

ねずみ算的に増えていきます。

 

そして、自分がもし

 

人形作りの色彩に一番自信があるのであれば、ワクワクするのであれば、

 

ずっっと、人形作りの中の絵を塗るところをやって入れば良いのです。

 

 

素晴らしい生産性です。

 

なにより人生が充実しますね。